• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

アプガースコアってなんですか?

アプガースコアとは何ですか?看護師2年目ですが、聞いたことがありません。教えてください。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. sakanatching 2015/01/14 12:46

    The Apgar score, the very first test given to a newborn, occurs in the delivery or birthing room right after the baby’s birth. The test was designed to quickly evaluate a newborn’s physical condition and to see if there’s an immediate need for extra medical or emergency care.

    Although the Apgar score was developed in 1952 by an anesthesiologist named Virginia Apgar, you also might hear it referred to as an acronym for: Appearance, Pulse, Grimace, Activity, and Respiration.

  2. jun_jun 2015/01/14 14:07

    上の方の回答を和訳で。

    「アプガースコア、新生児に与えられた非常に最初のテストは、右の赤ちゃんの誕生後分娩または出産の部屋で起こる。テストはすぐに新生児の体調を評価するために、余分な医療や救急ケアのための即時の必要性があるかどうかを確認するように設計されました。

    外観、パルス、しかめっ面、活動、および呼吸:アプガースコアがヴァージニア·アプガーという名前の麻酔科医によって1952年に開発されましたが、あなたはまた、頭字語と呼ば聞こえるかもしれません」(google翻訳にて)

    でも、これでは意味不明なのでもう少し違った感じで。

    赤ちゃんが生まれてすぐに受ける生存予測のスコアです。例えば呼吸の状態がどうなのか、中枢神経等は大丈夫か等、いろいろな評価をしなくてはなりませんが、そういったことに使用されるものだという認識で良いと思います。また、それによっては蘇生が必要だったり、さまざまな処置が必要になりますので、そのための判断材料という感じですね。○点以下だと~~~、○点以上なら~~~、というように、点数で評価します。

  3. ray 2015/01/15 10:09

    50年前に発案され、とても主観的なスコアですが、現在も新生児の生存予測に有意義とされています。
    出生1分後と5分後に評価しますが、正常児は出生30秒後には産声をあげますので、
    蘇生が必要かどうかの判断は1分後のスコアを評価する前になされなくてはなりません。

    看護師は、医師や助産師と共に新生児の全身状態や蘇生への反応を確認し、必要時は蘇生介助を行います。
    観察項目は下記です。
    ①循環や呼吸状態
      呼吸-泣き声が弱いか強いか、不規則で不十分な呼吸か良好なしっかりした呼吸か、あるいは全く呼吸していない
      心拍数-100以上/分か100未満/分、あるいは拍動していない
      皮膚色-全身良好なピンク色か、全身チアノーゼで蒼白色か、四肢はチアノーゼだが体幹はピンク色
    ②中枢神経系-刺激に対する反射や筋緊張
     反射の有無-全くない、顔をしかめる、泣くかあるいは咳やくしゃみをする
     筋緊張の様子-全身がぐったり弛緩している、四肢を少し曲げている、自発的に活発に動いている

    通常、1分後は医師が、5分後は看護師や助産師が評価するとなされていますが、迅速に評価し対処しなくてならない上、主観的なスコアです。
    誰がする・しないではなく、チーム全体で新生児を注意深く観察する意識を持ちましょう。

    1分後4点以下の場合、気道吸引・100%の酸素投与でマスクバック蘇生し、改善が認められない場合は気管内挿管にて呼吸管理を行います。
    わずか数分の間ですが、処置の介助しながら皮膚色の変化や肺の膨らみの有無など、患児の全身状態の観察も行います。
    5~7点の場合は、気道吸引、足底や背部刺激により呼吸を確立させます。
    アプガースコアの評価をすると共に、多指症や内反足等の奇形や心雑音の有無を確認します。
    このような新生児の処置は、低体温症予防のために必ずウォーマの下で行います。

    そして、スコアが7点未満の場合には、それ以上になるまで最大20分まで5分毎に評価していきます。

    点数が低いと仮死状態だと判断し精神的に動揺する両親がいますが、低いからといって必ずしも仮死とは言えません。
    点数が低くなる要因に下記があります。

    ・先天的に神経筋疾患があるとき
    ・母親に投与された麻酔や鎮痛剤により新生児の呼吸や筋緊張がよくされているとき
    ・未熟児のため呼吸機能が不十分

    医師からも保護者に説明がありますが、看護師も正しく理解しておき、説明を求められたときは返答できるようにしておく必要があります。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ