• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

EBウイルスの看護について

EBウイルスに感染した患者さんの看護は、看護師にとって危険ではないですか?うつるようなことはないですか?

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 4 人中 3 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. sama 2015/05/01 13:22

    ヘルペスウイルスの一種で予後は良好です。一度感染すると生涯体内に生存します。
    日本人は抗体保有率が高く、乳幼児期に感染しても症状はわずかしか出ない不顕性感染です。
    対症療法と安静保持で自然治癒するのがほとんどですが、症状が改善しない場合は要注意です。
    肝臓や脾臓が腫脹する伝染性単核球症をおこすと、悪性リンパ腫や肝不全、慢性疲労症候群等の合併症がおこります。
    ですから、症状観察とその症状軽減のための処置を行い、早期に治癒できるよう援助していく必要があります。
    〈症状観察〉
    ・高熱-38度以上の熱が1週間以上続くことがあります。いちど解熱しても再度発熱する時もありますのでバイタルサインや食欲の有無、倦怠感などの観察を行ってください。
    ・リンパ節腫脹-鶏卵ぐらいの大きさになる時があります。
    ・肝脾腫-側腹部痛として訴える場合が多いです。他、検査データのチェックや倦怠感、嘔気の有無を観察して下さい。
    ・扁桃炎や咽頭炎-嚥下しづらい、咽頭痛があります。
    ・発疹-全身に出現したり、眼周囲にできると眼瞼が腫れぼったくなります。

    〈症状緩和〉
    安静と対症療法が基本です。
    小児は安静保持が難しいですが、保護者にも協力してもらい絵本を読み聞かせたり好きな音楽を流したりして安静を保ちます。
    発熱や咽頭炎に対しては、解熱剤や鎮痛剤の使用、そして冷罨法により緩和していきます。
    食事は、食べられる物を食べられる時に摂取し、ゼリーやプリンなど冷たくて喉ごしの良い物を促して下さい。

    〈早期発見と予防〉
    潜伏期間は4~6週間です。初期症状は風邪様症状で、発熱やヘルペスなどの発疹が特徴です。進行すると扁桃腺炎やリンパ節の主張が認められます。
    感染経路は、親から子供へ、そして子供同士で、唾液や手指から経口感染します。ですから、看護師は注意してアナムネ聴取をして下さい。

    身体の免疫力が低下した時に発症しますので、日頃から健康で高い免疫力を保持しておくことが一番の予防法となります。
    看護師は、食事や生活リズムの崩れた患者さんに対して、それらを規則正しいものに見直すことが治療と予防の基本になることを指導して下さい。
    特に、日本では10歳以下の小児と20歳代が発症ピークですので、重篤な合併症を引き起こさないためにも健康維持は重要です。

    合併症をおこすとその苦痛は大きいです。移行しないために、EBウイルスに感染した患者さんには慎重な観察と患者指導を行いましょう。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ