• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

ウィーニング時の看護

ウィーニング時期に入った患者さんの看護の仕方を教えてください。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. sama 2015/04/20 17:19

    人工呼吸器から徐々に離脱させて自発呼吸に戻す過程のことです。
    ウィーニングの決定や抜管の判断などは医師が行い、看護師は呼吸状態を中心に全身の観察を行いながら処置介助をしていると思います。
    ここで改めて、
    ウィーニングの条件や流れをここで整理したいと思います。
    A/C→SIMV+PS→PS圧またはCPAP→SBT→問題がなければ抜管となります。これが大まかな流れです。
    ウィーニング方法は、1970年代まではON-OFF法しかありませんでした。1970年代に入りIMVが応用され、1980年代から現代まではPSVが中心となっています。

    さて、ウィーニング開始の条件はご存知でしょうか。
    医師が「そろそろウィーニングの時期かな・・」とつぶやいた時に初めて気付くのではなく、人工呼吸管理中はウィーニング時期のことも意識して看護をしてください。
    ・原疾患が改善している-当然の条件です
    ・輸液過多ではない-出納バランスや検査データを常にチェックして下さい。輸液過多のままウィーニングを開始すると心不全をおこし循環不全状態となります。特に高齢者や合併症のある患者さんは要注意です。
    ・心筋虚血状態ではない-心泊数が50~140回/分で、極少量の昇圧剤で維持できている。
    ・意識状態-清明な意識状態でなければ、ウィーニングの説明も出来ませんし、抜管も自発呼吸も困難です。
    ・電解質や血液ガス値が安定している状態

    一方、ウィーニングが中止される時は、循環動態や呼吸状態が不安定になった時です。
    下記の兆候が表れたら中止しますので医師に報告して下さい。
    ・努力呼吸や奇異呼吸
    ・呼吸数が10回以上/分増加、または30回以上/分
    ・血圧上昇
    ・頻脈となり110以上/分か、20回以上/分の増加
    ・不整脈多発
    ・不穏状態
    ・発汗
    ・PaCO2値上昇、アシドーシスの進行
    等です。

    ウィーニングも進み、実際に抜管が可能かどうか判断するのがSBT(自発呼吸トライアル)です。
    増大する呼吸仕事量に対応できるかを、循環動態や呼吸状態、そして主観的評価により判定していきます。
    看護師は、医師と共に下記を観察して下さい。
    ・血圧-収縮期圧が180~200以下で90以上で血圧が20%以上変化しないことと、昇圧剤が不要であることです。
    ・脈拍-心泊数が120~140以下/分で20%以上変化しないことです。
    ・呼吸-安定した呼吸パターンで30~35回/分
    ・主観的評価-傾眠、昏睡、不穏や興奮状態でないことと、発汗が無く不快感も生じないことです。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ