• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

インスリン注射を看護師が指導する時のポイント

先月、近所の内科へ転職しました。そこは糖尿病など生活習慣病も扱っているところで、インスリン注射の指導も看護師の仕事になっています。なので、看護師がインスリン注射の指導を行うのに重要なポイントを教えてください。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. sama 2015/04/22 11:46

    在宅医療のひとつであるインスリン自己注射は、
    食事療法や運動療法と共に、適切に血糖コントロールをすることで合併症を予防します。
    看護師は、注射手技とトラブル時の対処法を指導します。

    〈注射手技に関する指導ポイント〉
    様々なインスリン製剤がありますが、血糖のコントロール状態や生活背景に応じて医師が処方します。
    指示通りの回数と量(単位)を間違わないように患者指導することが重要ですが、毎日のことなのでトラブルは必然的に生じます。
    ここでは、特に注意して欲しいことを中心にご説明します。

    ・混濁性のインスリンは、初めて使用する時、混濁が均一になるように十分に混和させます。混濁が不均一で濃度に濃淡がでてしまうと一定量のインスリンを投与できないからです。
    ・注射針はまっすぐ垂直に取り付けます。注入できない時があるからです。
    ・試し打ち(空打ち)は必ず行い、エアが抜けた後インスリンが出ることを確認します。
    ・量の設定や注射投与時間は間違わないようにしてください。インスリン製剤によって投与時間が異なります。
    ・注射部位は、毎回変えます。少し前回部位よりずらしても良いです。
    ・注射後の針は、蓋つきの空瓶などに保管し医療機関へ持ってきてもらうよう説明します。自宅の家庭ごみと一緒に処分しないように念を押してください。
    ・その他、使用中のインスリンは室温保存で使用し、使用していないものは冷蔵庫の冷気があたらないところで保存します。
    ・困った時は一人で抱え込まないように相談することも伝えておきます。

    〈よくあるトラブルの対処法〉
    ・試し打ちを複数回行ってもインスリンが出ない
     そのインスリンは使用しないでください。注射針が曲がっている可能性があります。
    ・インスリン投与後、食事ができなかった
     入院患者さんでもよくありますね。投与したものの、食欲がなくやっぱり食べられなかったケースです。病院内なら低血糖症状の観察と血糖測定を行い医師に報告して下さい。そして、飴玉やジュースなど糖分を少し補給して下さい。
     在宅療養中の場合は、医療機関へ連絡するよう伝えておきます。いずれにしても、定期投与を見直したり何とか栄養摂取できるようにしたり、対応策を医師と共に考えます。
    ・インスリン量を間違えた
     不足分を追加して投与するように指導します。食後に気付いた場合は、医師の指示を待ちます。逆に、多く投与した場合は、低血糖症状の観察と血糖測定をし医師の指示を待ちます。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ