• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

甲状腺機能低下症への看護って?

甲状腺機能低下症には、どんな看護を行うのが一般的ですか?

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. chiruchiru 2015/06/10 11:34

    甲状腺ホルモンの分泌が低下し、組織への作用が不足する病態です。
    原因となる疾患は様々です。ここでは代表的な橋本病(慢性甲状腺炎)の看護についてご説明します。

    ①問診
    初期はあまり症状が無く、進行すると心機能や肝機能への影響、全身倦怠感、低体温など新陳代謝の低下による様々な症状がおこります。
    そして、活動が緩慢となり抑うつ状態・記憶力低下へとつながります。これらの症状は、更年期障害や低体温、そしてうつ病と間違われやすく周囲の理解も得られにくいです。
    そのため、甲状腺機能低下症の早期発見のために、甲状腺機能低下症のチェックリストを利用して下さい。
    その場ですぐチェックできますので、疑いがあれば医師に報告し検査の準備をします。疑いがなくても自宅で適宜チェックし、該当すれば受診することを伝えておいて下さい。
    また、心疾患の既往の有無や薬剤歴も確認してください。今後の治療に影響します。

    ②薬物療法
    甲状腺機能が正常ならば橋本病であっても治療は急ぎません。しかし、検査によって甲状腺機能低下症が認められた場合は、薬物療法を必ず行います。
    治療薬は、主にチラージンやチロナミンです。頻用薬ですのでご存知の方も多いと思います。下記に注意して患者指導を行ってください。

    ・共通点
    両者とも、少量から始め少しずつ増量していくのが基本です。その時期や増やす量は症状に応じて決められますので、指示通りに服用することが重要です。
    Mg製剤や鉄剤を服用している患者さんへは、服用間隔を8時間以上あける必要性を説明して下さい。チラージンの吸収を妨げ効果が弱くなるからです。
    また、体調が悪い・妊娠の疑いがあるなど、自己判断で中止しないよう必ず相談するように伝えて下さい。甲状腺ホルモン剤は中止すると再発しやすいからです。
    副作用についてですが、もともと体内にあるものですからほとんどありません。しかし、過剰に服用すると動悸・異常な発汗・手指の振戦などの症状があらわれます。
    きちんと指示通りに服用し続け、いつもと違う症状があらわれたら報告してもらうことが大切です。

    ・異なる点
    チラージンは、すぐには効果が表れません。一方チロナミンは、即効性がありますが体内から排出されるのも速いため、効果は長く続きません。

    橋本病による甲状腺機能低下症は、回復すると薬物療法が不必要となるケースもありますので、定期受診と検査を忘れないよう指導して下さい。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ