• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

リンパ浮腫患者さんの看護計画について

こんにちは。乳がんの手術をした30代の患者さんを受け持ったんですが、リンパ浮腫を起こしています。看護計画を立てなければならないんですが、ポイントはどんなところにあるんでしょうか。よろしくお願いします。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 5 人中 4 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. rijion 2015/06/17 18:09

    リンパ浮腫は、手術でリンパ節廓清や放射線治療をした時に認められ、生涯にわたって付き合わなければならない症状です。
    ここでは、乳がん術後のリンパ浮腫についてご説明します。

    看護の基本は、一般的な術後管理の他に、リンパ浮腫による合併症を予防し、自己管理できるように指導することです。

    〈看護〉
    ①創部を圧迫包帯で圧迫しているため、呼吸運動が抑制されますので喀痰や深呼吸を積極的に促します。
     創痛に対しては鎮痛剤を使用し我慢させることなく除痛に努めて下さい。疼痛があると呼吸抑制につながるからです。
     疼痛に伴って患側上肢や肩の重量感の苦痛を訴えた時は、体位変換や拳上することで軽減に努めます。

     そして、患側上肢は静脈血やリンパ液の流れが阻害されています。感染をおこしやすいので採血や点滴、血圧測定は避けて下さい。

    ②医師の許可があれば、患肢側の肩関節の運動を積極的に行っていきます。機能障害を残さないようにするためと浮腫予防のため、少しずつ動かしていくよう指導します。

    ③リンパ浮腫に対してのケアと指導を開始します。リンパドレナージ・圧迫療法・運動療法・スキンケアがあります。目的は、感染や炎症をおこさないことですので、可能ならば患者さん以外の協力者にも指導して下さい。
    ・圧迫療法は、浮腫専用のスリーブやグローブなどの弾性着衣を使用し、大きくゆっくり筋肉運動を行います。可動域に制限がある場合は、疼痛を伴わない程度に行ってください。
     肩を回したり上肢の屈伸運動の他に、髪を櫛でとく動作や壁に向かって上肢を拳上するなど日常生活で行う動作を訓練していくよう促して下さい。

    ・リンパドレナージは、皮膚に触れられるだけで患者さんは心地よいと感じ、心身の安定につながることが判明しています。しかし、神経因性の疼痛がある場合は、疼痛を増強させる可能性があります。
    慎重に行うため、その手技を習得した看護師が行うほうが適切だと思います。
    また、外来でもリンパドレナージを受けることができるように外来看護師もぜひ習得しておくことをお勧めします。

    ・スキンケアのポイントは、清潔と保湿です。浮腫により皮膚が脆弱し、外傷や蜂窩織炎などのリスクが高くなります。指示された薬剤を使用し皮膚を保護するとともに皮膚状態を常に観察します。

    ④その他、乳房切除だけでなくリンパ浮腫によるボディイメージ変化を受容できるように生活指導と精神支援を行って下さい。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ