• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

男性患者へのバルン挿入について指南ください!

尿道カテーテル(バルン)の挿入の仕方について質問があります。
仕事で自分で排尿ができない患者さんにバルンを入れることがよくあります。この時、女性にバルンを入れるのは難なくできるのですが、男性患者さんに入れるのが上手くいきません。
看護技術の本に書かれているようにやってがいるのですが、途中でカテーテルがつっかえてしまいます。
何度かやってもダメな時は先輩ナースか先生にお願いするのですが、そうすると難なくスッと入っていってます。
「まだ(あなたは)若いからねぇ~。年を取ると上手になるよ。」と意味有りげに言われ苦笑いするしかありません。
どうして私は男性患者さんにバルンを上手くいれることができないのでしょうか?
どこに気をつけたらいいでしょうか?

回答へのお礼メッセージ

ご指導ありがとうございました。特に解剖学的立場からの意見はとてもためになりました。 すぐに上達するのは難しいかもしれませんが、少しずつできるようにしたいです。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 3 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

この質問への回答は締め切られました

回答

3件の回答

  1. maron 2012/08/08 17:44

    看護技術の本には、陰茎を左手で垂直に持ち上げ尿道をまっすぐにした状態で挿入するぐらいまでしか書いてませんよね。
    確かに基本的にはそうなのですが、解剖学に照らし合わせると尿道口から20cmほどのところに「模様部尿道」があり、そこでつっかえる感じがします。そこでさらに陰茎を持ち上げるとカテーテルが通過しやすくなります。
    この模様部尿道は、患者さんが緊張すると通過しにくくなるので、患者さんにリラックスしてもらうことも大切です。リラックスと言うのは、患者さんの羞恥心を軽減することも含まれます。
    バルンを入れるのが若い看護師であったり、「入らない、入らない」と焦る姿が患者さんに余計なストレスを与えていることもあるかもしれません。

  2. cube 2012/08/08 14:01

    男性患者さんに対するバルンの挿入も、私ぐらいの年になると平気なのでなんのためらいもなくグッと握って、躊躇なく一気に入れます。
    若い看護師さんは、その辺がまだウブなのかしら?

  3. rat 2012/08/09 13:57

    私も若い頃は苦手で、先生によく代わってもらいました。
    忘れられないのは、先生が男の患者さんにバルーンを入れる時に、私と同じようにある部分で管が先に進まなくなりました。そうしたらその先生、患者さんに「ハイっ、新たな快感ですよぉ。」と声を掛けてエイッと管を押し進めました。
    とっても紳士的な先生の口から出た一言に一瞬耳を疑いましたが、男の人には女にはわからない複雑な仕組みがあるんだと思いました。
    その仕組みをふまえて管を先に進めるのがいいのでしょうね。
    今はもう私も怖いもの無しなので、思い切って挿入しています。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ