• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

介助用具、使っていますか?

急性期内科病棟で働いている看護師です。大学病院で5年勤務したあとに、今年から今の地域中核病院へ転職をしてきました。患者さんの8割は高齢者でその半分程度の割合の方がADLがかなり落ちていて、職員一人、もしくは二人による介助が必要になってきます。リハビリに関しては専門的な職員が配置され、その他に関しても職員の数はそこそこ配置されていると思うのですが、ひとつだけ気になることがあります。以前の病院では患者さんの介助を行う時の福祉用具の使用が強く推奨され、そのためのトレーニングもマメにありました。ボード、スライドシート、リフトなどはだれでも使いこなせるようになっていたし、病棟ごとに配置されていました。それが今の病院では、すべての病棟にあるわけではなく、貸出制度になっています。忙しいときに予約をして取にいく時間などないので、よほど大きな患者さんでないかぎり用具は皆使っていません。特に排泄介助と入浴介助に関しては、用具を使っていました。今は用具もなく患者さんに立ってもらうだけでも一苦労です。こんな調子では腰痛やその他の症状が早くに出てきそうで怖いです。友達の職場でも用具は用意されているといったいたので、正直、地域中核病院である今の職場がこれほど用具使用の意識が低いことに驚いています。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. aja 2015/08/10 17:38

    こんにちは、私は消化器内科の病棟で働いています。私の職場もある程度の介護用具は使います。また寝たきりの方もたまにいらっしゃいますので、ボードやスライドシートなども病棟に備わっています。リフトは私の病棟にはありません。これは急性期病棟では備わっている方が少ないかもしれませんね。
    排泄介助や入浴介助の時の用具がないのはきついかもしれませんね。でも私の病棟の先輩看護師さんたちがおっしゃるには、つい最近までこんなものはなかったというか、使用なんてする人はほとんどいなかったとのことです。
    どうも腰痛で退職をする方、長期休職に入る方が多くて、結局は人手不足を招いてしまった結果、病院全体でその対策をたてたとのことでした。今では職員の腰痛防止のための介護用具の使用は認識がどんどん広がっていると思います。ウチの病院でも効果はあったみたいですし。業務改善提案などで上げてみることもいいかもしれませんね。

  2. inui 2015/08/11 11:56

    私は特養ホームでアルバイトをしています。介助用具の整備、使用に関しては本当に施設、病院によってちがうな、という印象を受けています。雇用側の意識によるものなのでしょうね。
    職場の環境にある程度は自分が対応するしかありませんが、体は資本です。もし腰痛などに不安があるようであれば、問題が起きる前に対処方法を考えたほうがいいですよ。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ