• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

患者家族への対応がよくわかりません

患者さんの家族との接し方や、
家族の方への対応がイマイチ良くわかりません。

私は今年看護師になったばかりの新人です。
私の勤務する病院にはプリセプターの制度がなく、
指導してくれる先輩が毎回違うため、
その指導内容の違いに戸惑う事もよくあります。

ですが、技術や知識に関しては、
自分でも本を読むなどして正しく覚えるように努力しているので、
今のところ問題もなく勤務できています。

ですが、患者さんの家族に対する対応やその接し方だけは、
いまだに「どうやったらいいのか」と悩んでしまっています。

これも先輩によっては全く違っていて、
ある先輩はとても事務的で、
笑顔を交えて談笑すると言ったような事もなく、
遠目には「冷たい」という印象すら持つ事があります。

またある先輩はとても親身になって話を聞いたり、
時々笑い声まで聞こえるような事もあります。

私は個人的には患者さんの家族に対して
親身に対応していきたいと考えているのですが、
患者さんの家族が笑顔すらなく、
硬い表情をしている事も多く、
どう接していいのかわからないというのが現状です。

深刻な表情をなさっているのに、
笑いながら話しかけると言った事はできませんし、
かといってこちらも深刻な表情になって話しかけるのもなんだか・・・
という気がしています。

みなさんは患者さんの家族への接し方や対応は、
どのようになさっていますか?

回答へのお礼メッセージ

患者さんだけでなく家族の心も傷ついているという事や、病院と家庭との連携という言葉に、何か重みを感じました。そういう意識をしっかりと持って看護にあたらなければ、上から目線になってしまうのかもしれませんよね・・・。本当に勉強になりました。ありがとうございました。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

この質問への回答は締め切られました

回答

3件の回答

  1. jun_jun 2012/05/09 14:00

    患者様への対応と同じくらい、そのご家族への対応は重要なものと思います。なぜなら、患者様同様に、ご家族の心も傷ついているからなのです。痛い思いをしているのは患者様だけかもしれません。しかし、大切な家族が病気や怪我で痛い思いをしている、それを見守るしかできない、そんなご家族の切ない心境を、看護師はしっかりと受け止めなくてはなりません。しかし現実は、「家族に対してはツンケンしている」「家族には声もかけない」という看護師がいるのも事実。残念な事です。しかもそれらは、経験を重ねた看護師にばかり多く見られる傾向があるようです。こうした看護師の場合には、「わかっていてわざとやっている」としか思えませんが、スレ主さんのような新人さんの場合には、経験が浅いのでわからなくても仕方ないかもしれません。さまざまな経験をしていくと、認定看護師や専門看護師といった、特定の分野で活躍する看護師がいる事を知るかもしれません。こうした特定分野の中には、患者様のご家族に対するケアも存在しています。つまり、認定看護師や専門看護師といったスペシャリストたちが行う特定分野として扱われるほど、患者様のご家族に対するケアも重要だという事なのです。

     私の場合は、患者様と同じようにごく普通に接しています。決して上から目線になる事なく、同じ立場というような雰囲気で接するように心がけています。多くのご家族の方は医師や看護師に対して低姿勢になりがちですが、私はそんな必要はないと考えています。よく、子供の教育に「家庭と学校の連携」などという事が言われますが、患者様の治療にも「病院と家庭との連携」が必要だと感じる事が多々あります。ですから、私は患者様のご家族に対して上から目線で物を言いません。それに、患者様はもちろん、そのご家族の方との信頼関係は治療を行って行く上で非常に重要になりますから・・・。いろんな看護師がいて、いろんな患者様がいる、そしていろんなご家族の方がいますから大変な事も多いかもしれませんが、頑張ってくださいね。

  2. daisuke_g 2012/05/09 16:05

    精神科病棟勤務なので、僕もそういった悩みを抱えたことがありました。
    患者さん本人は病気なので仕方ないし、だからといって「変な人」扱いはしません。
    しちゃダメですから。

    問題はそのご家族への対応ですよね。
    精神科の患者さんのご家族は、とても肩身の狭い思いをしている事が多くて、時々その姿がかわいそうになる事がありますが、いたって普通に接しています。
    逆に憐れんだりすれば、そういう気持ちは伝わってしまいますからね。
    以心伝心って言うじゃないですか。

    僕が心がけているのは、患者さんのご家族に対する態度は「毅然としたもの」です。
    精神科だからなんですが、変に笑顔でヘラヘラして接したり、「大丈夫ですよ~」なんて変に気を使ったような接し方をするよりも、「動じない・ひるまない」といった感じで対応しています。
    もちろん、診療科によってさまざまだと思いますが・・。

     患者さんのご家族といっても、いろいろな方がいますから対応にもいろいろな方法があっていいと思います。
    後は、患者さんの状態に合わせた対応の仕方も必要になるかもしれませんね。

    重症で意識もなさそうなのに笑顔でニコニコ接していては無礼ですしね。
    そういう意味で看護師って、臨機応変に対応できる人じゃないと務まらないですよね。

  3. asako 2012/05/10 14:27

    こんにちは。
    患者様のご家族との関わり方で悩んでいらっしゃるrumirumiさん。
    あまり深刻に考えなくても大丈夫です。
    経験がきっと、あなたを助けてくれるようになりますから。

     私も若い頃、患者様のご家族にどういった対応をすべきか悩んだ事がありました。
    そんな折、救急搬送されてきたくも膜下出血の患者様の看護を担当する事になり、すでに脳死のような状況にあった患者様とそのご家族との関わりが始まりました。
     私が担当となった時にはもうすでに脳死のような状況となっていましたから、患者様と会話をする事もなく、どのような生活をしてきた人なのか、どんな声なのか、どんな趣味を持っているのかなどの情報が一切なく、本当に「脳死状態の患者様のお世話をしている」というような感覚に陥る事がありました。
     毎日お見舞いにいらっしゃる旦那様も、ただただ辛い表情で患者様である奥様を見守るだけで、多くを語る事もありませんでしたから、本当に患者様についてまったくわからないといった状況だったのです。
     ところがある日、そばに置いてあったCDを聴かせてもらうと素敵な曲が流れてきたので旦那様につい「素敵ですね!」と感動をお伝えしてしまったんです。
    すると、それまで多くを語らなかった旦那様が、嬉しそうに奥様の事をいろいろとお話になり始めたんですよ。
     音楽が趣味で、CDを編集して作ったりしていたことや、どんな生活をなさっていたかなど。
     この時、患者様だけじゃなく、そのご家族も同じくらい心に傷を負って、一緒に苦しんでいたんだという事を実感したのです。
     何もしゃべらない・何も反応しない患者様に対して事務的に看護をしていくだけで、そのご家族の苦しみを理解していなかった自分を恥ずかしく思いました。
    脳死のような状態になってしまっていても、生きている。
    そしてその患者様を認めてあげたその行為が、ご家族の心の氷を溶かしたのだと、今でも思っています。

     病気や怪我によって傷ついているのは、なにも患者様だけではありません。
    ともに過ごして来たパートナーと、その後の時間を共有できなくなってしまうご家族の悲しみも、計り知れないものなのです。
    看護師の中には、患者様だけ看護していればいいというような誤った認識を持って業務に当たっている人もいますが、決してそうではないという事を覚えておいてくださいね。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ