• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

肝硬変患者の肝機能データの読み方がわかりません。。

C型肝炎の患者さんで、週3ペースで強ミノの注射に来る方がいます。もう2年くらい続けています。肝機能チェックは月一でやっています。注射のときに、検査データーについての話題になるのですが、恥ずかしながら、肝機能のデータの読み方がいまいちよく分かりません。間違えて答えるといけないと思い、いつも「先生に聞いてください。」と言ってしまいます。
でも、私ももう少し、肝機能のデーターを読めるようになりたいと思っています。肝炎のデータの読み方のポイントを教えていただけないでしょうか。。。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. industrial_345 2015/11/05 0:03

    簡単に説明します。
    肝機能でまずチェックするのは、GOT,GPTです。これは肝酵素と言って、肝臓の細胞が壊れた時に増える物質です。ですから、このGOT,GPTの値が高いほど、肝機能が落ちているということになります。
    強ミノは、肝細胞が壊れるのを防ぐ効果があります。C型肝炎の患者さんが強ミノの注射に週3回も通ってくるのには、肝硬変の進行を抑える、という目的があります。ですから、まじめに注射に通うことで、肝機能が下がっている時は、努力を誉めてあげるといいと思います。
    C型肝炎の患者さんが一番心配しているのは、肝炎→肝硬変→肝臓癌になることです。2年間、週3回も注射に通ってこられるということは、肝硬変が進んでいるのではないかと思います。ですから、時々AFPやPIVKAⅡなどの腫瘍マーカーもチェックしていると思います。数値が高ければ、陽性に近いということになります。
    ナースが勝手にデータを説明することはできませんが、データーを見て悪くなっている時には、不安をやわらげる言葉をかけててあげたり、励ましてあげるといいと思います。

  2. soup-ikeda296 2015/11/05 7:59

    C型肝炎の患者さんで肝硬変が始まっている場合は、GOT(AST)GPT(ALT)に加えて、肝臓の予備機能やうっ血の程度をチェックします。肝臓には、様々な機能があるので、それぞれの機能がどの程度働いているかを、血液データーでチェックします。

    例えば、アルカリフォスターゼやビリルビンなどの数値の上昇は、肝機能が弱って、胆汁の流れが悪くなっている証拠です。
    また、血小板が少なくなっていれば、肝臓の血小板生産機能が低下していることが考えられます。
    また、プロトロンビン時間が長くなっていると、肝臓の血液凝固因子の合成機能が低下しているということです。
    そして、肝硬変が進行すると肝臓の解毒作用が低下するので、アンモニアの数値が上がります。

    すべてを説明できませんが、他にも血液検査でチェックしている項目がたくさんあると思います。一つ一つの検査項目に、チェックしている理由があるので、ご自分で調べてみると、面白いでしょう。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ