• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

人工透析のためのシャント造設について教えてください

透析クリニックに転職を希望しています。患者さんのほとんどはシャントをしていると思いますが、そのシャント手術の詳細について、詳しい方教えていただけないでしょうか。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. clerk-899 2015/11/08 7:58

    慢性腎不全で、腎機能が低下すると、人工透析を受けるか、腎臓移植しか延命の方法はありません。

    腎臓移植はドナーも限られることなので、ほとんどの患者さんが、人工透析を受けるための、シャントという手術を行うことになります。

    これは、腕の動脈に静脈をくっつける手術であって、透析が導入になると、このシャントが死ぬまで命をつなぐ綱となるわけです。

    透析導入が近ついてきたら、このシャントの手術をします。

    自己血管のシャント造設は、部分麻酔で行います。医師が2人で腕を挟んで座り、皮膚の切開をし、動脈と静脈を見つけます。
    そして、動脈、静脈を中枢部、末梢部を小さな鉗子で留めます。

    このときには血流を止めて、血管を縦に切り、血液を除去し、動脈と静脈をつないでいきます。
    つなぎ方によって端端吻合や端側吻合等と呼ばれます。
    動脈と静脈が繋がると小さな鉗子を解除して血流を再開します。
    出血がなければ閉創し聴診器で聴取して様子をみます。
    これで手術は終了します。

  2. y-z453 2015/11/08 14:55

    シャントがつくられると透析治療ができるようになります。

    シャントができてからの管理がけっこう大変です。今まで通りの活動が規制されるので、患者さんにはあらかじめ注意事項を周知しておきます。

    シャントのある腕のほうで、腕時計をしない、血圧を測らない、また透析の日は入浴をしないなどです。

    透析によって湯船の菌が体内にはいるのを防止するためです。

    どうしても入りたいときは、シャワーや患部にラップを巻きます。

    だんだん透析に慣れてくれば、体調に応じて、生活を合わせていくこともできます。

    透析をしていても、仕事ができたり、あまり以前と変わらないところまで生活スタイルを戻して行くことも可能です。

  3. hk955 2015/11/08 20:18

    最近、人工透析の患者さん、とても増えているんですよ。糖尿病の合併症としてもね、最終的には腎臓にくるから。
    透析はだいたい週に3回ほど受けますね。時間にすると4時間くらいだから長いです。それで患者さんもへとへとになります。
    透析のあとはとてもお腹が空くので、クリニック内で食事を用意しているところも多いです。

    いまは、透析と仕事を両立している患者さんも増えているし、人工透析がそんなに特別な処置でもなくなっています。ただ、透析のあとの倦怠感は半端ではないらしく、やはり仕事もフルタイムではなくて、パートや時短勤務にしている人も多くみかけます。働き盛りの人にしてみれば、辛い治療といえるでしょう。

    だから普段から腎臓をいたわりましょう。塩分のとりすぎ、血糖値の注意、それから、たんぱく質のとりすぎもいけませんよ。
    これは生活習慣病の管理と同じなので、普段からきちんと規則正しい生活、食生活、こまめな運動などを心がけておくこと、とっても大事です。週3回、4時間の透析は辛いですよ。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ