• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

高齢者の寝たきり患者さんの介護とオムツ交換について

これからどんどん増えると予想される寝たきり高齢者。在宅介護で家族が看るケースなども増えると思うのですが、寝たきり患者さんの清拭とオムツ交換の注意点、また簡単に済ませるコツを教えてください。在宅看護しているご家族の方への説明のポイントなどがあればお願いします。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. mexico704 2015/11/09 15:07

    高齢者じゃなくても、原因不明の難病や、脳血管障害で寝たきりになるリスクは誰でもあります。それまで普通の生活をしていたのに、いきなり病気や半身不随、全身麻痺になるので患者さん自身、あまりの違いに驚くほどです。

    まずは患者さんも自尊心のある存在で、最初はオムツを受け入れない患者さんもいるということを知ってください。

    認知症がすすんでいても、その人のなかに残ったプライドのようなものがあり、目を離すとオムツを自分でとってしまう患者さんもいました。あのときは困ったな。

    そうそう、質問はオムツ交換のコツでしたね。オムツ交換のポイントとしては、体格にあったものを装着すること。それからいまはオムツの種類も多いし、当然男性用、女性用でも当て方は違う。尿漏れ程度の人から、大便兼用の人もいる。それぞれ違うので、左右、上下で漏れないように正しい位置につける。

    体が不自由な患者さんでは、オムツ交換に手間取ると、体に負担をかけてしまいます。その点でも手早く、また正しい位置につけるようになるのも大事。

    これはもう、現場で慣れていくしかないでしょうね。やっぱり、臭いの問題もあって、早く交換しないと部屋中に臭いが充満したり、またオムツから排泄物が漏れて、シーツや寝具などを取り替えることになりますから。

    早めの交換や、気づいたらすぐに交換するのが大事です。

  2. chikuj576 2015/11/09 19:53

    看護学校、また介護のクラスでも実習するかと思いますが、リフト浴や機械浴などの設備があり、入浴できれば理想的な保清となります。

    ただ、設備面でそこまでできなかったり、マンパワーの面で限界があれば、病室では清拭を中心に行われます。

    高齢者の清拭で注意すべきは、力の加減です。高齢者は皮膚が乾燥、または脆弱になっているので、表皮剥離を起こしやすい面があります。

    皮膚を剥離させ、出血させると非常にやっかいなので、皮膚の状況をみて拭き方、強さを加減してください。

    その点さえ気をつければ、患者さんも気分がいいですし、皮膚を清潔に保つことは、いろいろな点でメリットがあるので、清拭を積極的に行いましょう。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ