• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

高齢者の終末期のケアと看護師のできること

最近の終末期ケア、とくに高齢患者さん本人の希望をどこまで叶えることができるのか質問ですm(_ _)m

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. 698area 2015/11/12 17:52

    ガン患者さんなど、終末期の患者さんはホスピスに入ったり、在宅で家族に看取られを希望する人が多いですが、それは高齢者になっても同じです。

    長い年月、生活を送ってきた自宅で家族に見守られて旅立ちたい、というのがやはり一番理想的な死の迎え方なのかもしれません。

    しかし、家族のほうでも事情があり、自宅での看取りが不可能な人もいらっしゃいますし、患者さんも家族がいない、身寄りのない人も当然いらっしゃいます。

    最期を迎える場所は、本人が希望した通りにはいかないことも多いです。でも、ガンなど、痛みが強い病気の場合、緩和ケアを中心にケアしてくれ、患者さんのQOLに答えてくれるホスピスはまず、一番の選択肢にあげられます。

    そして、もしも家族が看取ってくれるのであれば、社会福祉士とケアマネージャーの協力を得て、訪問看護、そして家族の力を借りながら在宅介護という形になると思います。

    担当医が自宅への担任を許可し、往診医が見つかったら、患者さんが家に帰るという希望を叶えることができます。

    最近では、在宅点滴や胃瘻も、看護師ではなくて、家族がコントロールできる部分も増えています。なるべく患者さんが意識のあるうちに、患者さん自身の希望を聞き、最終的に望むかたちでの最期を迎えてもらうことになります。

    在宅看護をするご家族の方へ、看護師から点滴、胃瘻の説明をしてあげて、なるべくスムーズに対応できるようにしておきます。

  2. isawa-827 2015/11/12 22:22

    将来的には在宅死を希望する人が多くなるし、またそれが可能になるでしょう。これからの超高齢化社会、さきゆき老人介護施設に入れない人も増えてきますし、在宅看護や医療の提供も普通になるんじゃないですか。

    またお年寄りじゃなくても、最近の人は無理な延命治療をしないで、死ぬ時はそのまま死にたい、という人も増えていますのでね。(自分はそのタイプ)。

    結婚して家族ができ、孫ができると、その子供が見たいとかいって、長生きしたいとか欲が出るのかもしれないけど、いまの現代医療を持ってしても治らない病気は、やっぱりまだまだあるわけです。そんなときは、死期を受け入れるのも大事かと。緩和ケアで痛みも少なく、楽にいけます。

    自分は家族を家で見ていたのもあって、できれば家族に迷惑をかけたくない。だから終末期はホスピスですね。家族側は在宅看護をすると、最期までやりきったと思い、満足感はあるけど、やっぱり日常的に介護、大変ですからね。

    在宅看護経験者の声でした。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ