• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

点滴の漏れについての判断、静脈炎への良い対処法

基本的なことですが、末梢静脈点滴の血管外漏出についての質問です。基本的に、漏出の判断をするときには、逆血がないことや、刺入部の腫脹や発赤、疼痛をみて、総合的に見て決めていますが、それでも判断に悩む時はあります。例えば、逆血がしっかりあっても患者さんが痛みを訴えられるときや、全く兆候はないのに、逆血だけないときなど。。あとは、血管外漏出し、静脈炎を起こしたときの対応方法については、いまいち、うちの病院でははっきりした対処方法が決められてません。クーリングをしたり、ボール水というホウ酸を用いたものを、不織布につけてあてたりと、人によってまちまちです。効果もどれが良いのかよくわかりません。患者さんには、自然に良くなっていくので、とは説明しますが、結構、患者さんも不安なようです。血管外漏出の判断から、対処、説明まで総合的にアドバイスいただきたいです。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 11 人中 8 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. kumquat254 2015/11/14 9:47

    まず、漏れた薬の内容によっても違いますね。例えば、抗がん剤なんかだと、細胞を壊死させるともいわれてますし、うちの病院では漏出時のマニュアルとして、医師がステロイド剤の皮下注射を、漏れた部位に打ったりするようになっています。

    まぁ、化学療法の研修に行った時には、その方法もどこまで効果があるのかわからないと言っていましたが。。

    あとは、血管炎を起こしやすい輸液として、ビーフリードなどの高カロリーアミノ酸製剤ですね。滴下が早かったりすると、血管に入っていても、痛みが生じる時がありますから、そういうときは抜針しなくてもいいとは思いますが、滴下速度を遅くしたりといった配慮が必要でしょうね。

  2. 2ww601 2015/11/14 16:32

    血管外漏出の判断については迷うところですね。まぁ、逆血がなくて、更に痛みがあるというときは、抜かないとだめでしょうね。

    あとは、腫れがあるときも、例え痛みがその時なくても、あとから生じることは往々にしてあるので、早めに抜くようにしましょう。腫れがあるのに、放置していると、重篤な静脈炎を起こしかねませんからね。

  3. sprint843 2015/11/15 2:59

    ちょっと違う視点で。血管外漏出の予防という観点でいくと、やっぱり、何日か毎に刺しかえていくのが良いだろうね。
    どうしても、留置期間が長ければ長いほど、漏れやすくなるし、あとは針もできるだけ太いほうがいいだろうし。

    まー、血管との相談になるけど。あとは、血管をホットパックで温めたりすると、血管が広がって予防効果があるって聞いたことがあるな。
    漏れた時は、あなたの言うとおり、冷やすのが基本だね。
    ボール水にこだわらなくても、クーリングでも効果はそんなに変わらないと思う。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ