• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

利用者が訪問看護スタッフを指定

今回新規で訪問看護を利用する利用者が、女性限定と指定してきます。この利用者は週1回の利用なのですが、女性スタッフは常勤2人しかおらず、対応を模索中です。
何か良い対策はないでしょうか?

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

4件の回答

  1. shiki64 2015/11/16 14:33

    まず、ステーションの体制として、毎回女性での対応が不可でしたら契約を見直すべきです。そもそも訪問看護に限らず社会的に契約というのは、双方の相違がない事が前提です。

    利用予定者が女性での対応という条件提示をしたのならば、それに応じなければなりません。目先だけで契約を進めて行っても後々利用者間とでトラブルになりますよ。

  2. 9ji825 2015/11/16 21:26

    一番手っ取り早いのは非常勤の女性スタッフを増やすことでしょう。しかし増やすといっても人件費はかかるわ募集費用はかかるわで大変だと思います。質問者さんの利用予定者は週1回との事なので他のステーションと共同で見て行ったらどうでしょうか?例えば2週に1回は質問者さんのステーションが介入し、残りの週は他のステーションに依頼するなど。こうすることで少なからず女性での対応は可能になってくると思いますよ。ただ、利益としては7もちろん半減しますが、、、また、他のステーションと共同で見ていくということは、確実な情報伝達体勢やステーション間で定期的なカンファレンスを行う必要があります。その為、各ステーションの負担は必然的に増えてくるでしょう。

  3. teshikaga-a626 2015/11/17 5:11

    常勤の女性が2人しかいなければ、いくら勤務シフトを調整しても難しいでしょう。その契約はとるべきではなかったと思います。

    利用予定者の方は、他の曜日は空いているのでしょうか?ほかの曜日が空いているならば、シフト変更して対応できる余地はあると思いますが、確実なものとは言えません。

    すでに契約を交わしたのならば仕方ないですが、一度できる限り女性で対応するが、突然のシフト変更などで男性スタッフが対応する場合があり得るということを説明してはどうでしょうか?

  4. nishiusuki221 2015/11/17 16:44

    まずは業務体制を見直しましょう。シフトの変更は必須ですが、その他にもその利用者だけの訪問をメインとした実働時間の少ないパートの募集、すでに契約利用者の訪問時間変更可否の査定、などです。

    訪問開始初期は、週1回の訪問にして、病状が安定してきたら訪問間隔をあけて行ったり、訪問時間を少なくして言ったりと介入回数を減らし、女性スタッフがシフトに入り込める確率を挙げるのも一つの対策だと思います。

    ただ、むやみに回数を減らしては意味がなく、利用者にも不信感しか残りませんから日々の訪問で目標が達成できるように利用者に向きあっていける姿勢が大切だと思います。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ