• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

喘息の治療にステロイドを使用することについて

喘息のステロイド吸入薬について教えてください。内科クリニックの外来にいます。咳が長引いている人に対して、咳喘息という診断がされます。うちのドクターは、咳喘息の患者に対して、ステロイドの吸入剤を使うことが多いのですが、患者さんの中には、ステロイドという言葉に恐れを抱く人がいます。副作用などについて聞かれることが多いのですが、実際、ステロイドの吸入薬ってどうなのでしょうか?副作用はないのでしょうか?絶対使わない、というドクターもいると聞きました。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. vocalist194 2015/11/16 15:26

    ステロイドの吸入薬は、内科や小児科で普通に処方されているので心配ないでしょう。

    ステロイド吸入薬の使用目的は、気管・気管支の粘膜の炎症を鎮めることにあります。即効性の気管支拡張剤ではないので、ある程度長期に使用することで効果を発揮します。
    咳喘息の場合は、キュバールや フルタイドがよく処方されると思います。吸入薬は、吸入方法で効果が違ってくるので、しっかり吸入できるように説明してあげることが大切です。

    「ステロイド」という言葉に敏感な患者さんはいます。私の場合、そのような患者さんには、ステロイド吸入薬とステロイドの服用には大きな差があることを説明します。実際、吸入薬は、ステロイド軟膏と同じで「外用」なので、重い副作用を心配する必要はないようです。

  2. futaba445 2015/11/16 23:12

    環境のせいか、喘息の患者が多いですよね。特に、大人の咳喘息が多いと感じます。
    咳喘息は喘息の前段階と言われているので、ステロイド吸入薬でしっかり治療しておくのが良いとされています。

    ある程度症状が治まっても、半年間はステロイド吸入を続けて、気道粘膜を健康な状態に戻してあげないといけないようです。

    者によっては、途中で治療放棄してしまう人も多いようです。もし聞かれたら、ステロイド吸入剤の意義をきちんと説明してあげるのがいいでしょう。

  3. jubilant233 2015/11/17 14:33

    私自身が喘息もちで、吸入薬を使用しています。
    以前は気管支拡張剤のメプチン(発作時使用)とインタールを毎日吸入していました。
    でも、数年前から、ステロイドの配合剤(気管支拡張剤が配合されている)のアドエアに変えてから、調子が良くて、せき込むことが少なくなりました。

    やっぱりステロイドのおかげだと思います。
    現時点で副作用は特に感じていません。

    ステロイド吸入薬は、妊娠中も使用可能だと聞いていますので、安心して使用できるのではないでしょうか。
    吸入では、ステロイドの蓄積はほとんどないそうです。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ