• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

消化器内科で胃瘻造設後のトラブル対策は?

消化器内科で働く看護師です。最近、他院からの胃瘻造設の依頼があって、よく患者さんが転院してきます。順調に胃瘻は造設するのですが、担当医師の転院までの判断が遅いのもあるし、トラブルも非常に多くて、患者さんが最悪のケースだと、亡くなってしまうこともあります。特にトラブルで多いのは、下痢と誤嚥性肺炎ですね。体位の調整とか、投与速度とか気をつけてはいるのですが。。元々、高齢の患者さんで寝たきりの方がほとんどなので、抵抗力が弱いというのもあるとは思いますが。何か良い対策あれば教えてほしいです。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. news278 2015/12/03 12:38

    やっぱり寝たきりの意識障害の患者さんが多いですよね。そうなると、一度、異常が起きると、なかなか改善が難しい。状態が悪くなってしまうのも十分ありうるとは思いますが、最低限にしたいところですね。まず、下痢に関してですが、質問者さんがおっしゃるとおり、投与速度は基本的な注意点でしょうね。

    あとは、栄養剤ですかね。うちの病院では、VF-1やVF-Eといった、粘度調整流動食を入れています。トロミがしっかりついていて、ゆっくり消化管に入っていくので下痢が少ないです。あとは、ペプチドを含んだものやビフィズス菌末を入れてみると、腸内環境が整うかなと。

    長く消化管を使っていないと、急に栄養剤を投与すると下痢しやすいので、GFOといったファイバータイプの栄養剤から開始してみるのも効果的かも。医師や栄養士と相談しながら、工夫してみてください。

  2. shbara8 2015/12/03 23:35

    下痢は脱水を起こしてしまうけど、悪化したり続かなければ、点滴で補正したりすれば、まだ何とかなる印象。だけど、誤嚥性肺炎は寝たきり高齢者にはかなり大ダメージ。結局のところ、誤嚥性肺炎を起こすのは、栄養剤が逆流してこみあげてきて、嘔吐したりするから。

    なので、注入時から注入後までの、体位がまず大切。座位だけど、できるだけ起こしたほうがいい。60度ぐらいが目安かな。起こしたほうが、重力で下部消化管のほうへ流れていきやすいから。あとは前の回答者の方も言ってる、粘度調整流動食は、逆流もしにくいので、誤嚥性肺炎にも良いはず。

  3. kawai596 2015/12/04 5:28

    逆流による誤嚥性肺炎はもちろんだけど、意外と口腔内の細菌を含んだ唾液の誤嚥で、誤嚥性肺炎起こしてるケースもあるから、注意を。特に、胃瘻にすると、水分も含めて経口摂取が全くなくなるから、口腔内が乾燥しやすい。乾燥すると、唾液の分泌が減って、自浄作用もなくなるから、細菌が繁殖しやすいのね。だから、経口摂取がない人ほど、しっかり口腔ケアをしましょう。少なからず予防にはなるはずです。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ