• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

訪問入浴の利用者さんの珍しい疾患

訪問入浴の利用者さんはだいたいの方が高齢者だと思いますが、難しいあるいは珍しい疾患の方に出会ったことのある人いますか?病棟では大体が専門の科のみ受け持つと思いますが、在宅だと色々な利用者さんがいますよね。もしそういう珍しい疾患の方が利用者さんにいた場合、医療職はおそらく自分一人だと思うのできちんと対応できるのか不安です。心構えをしておくために、色んな事例を聞きたいです。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. root750 2015/12/13 4:44

    あまり珍しくはないかもしれませんが、難病ということでALSの利用者さんは何人かいらっしゃいました。ALSも病気の進行によって症状も様々で、なんとか座位が保てる人、お話をするのがやっとの人、呼吸器を装着している人などいましたね。ALSは徐々に症状が進行していくので、今日出来ていた日常生活が次に伺った時にはガクっと出来なくなっていることがありました。ある程度予測することも必要かもしれませんが、その場で臨機応変に対応することが重要でした。また、病気の進行に伴って精神的にも疲弊する方がいらっしゃって、そういうサポートにも力を入れていました。

  2. cotton473 2015/12/13 16:05

    私からは、疾患ではないですが珍しい医療器具ということで腎瘻と腸瘻を紹介します。

    胃瘻はポピュラーですよね。膀胱瘻も、脊髄損傷の方で最近見かけることが多くなった気がします。腎瘻と腸瘻は、お一人ずつ関わったことがあります。どちらも初めての関わりだったので、自分で調べて勉強するのはもちろんですが、カンファレンスで訪看さんにお会いできたときに注意点を聞くようにしました。

    あと入浴で起きる可能性が高い事故だと抜去だと思うのですが、そういう時はどのように対応したら良いのかも事前に確認するようにしました。訪問入浴では事業所にナースが1人、なんていうことも珍しくないと思います。他事業所にナースがいる場合は、お互いに意見交換や分からないことを質問するのも良いと思います。

    しかしそうでない場合には、訪看など他の職種の人に聞きましょう。1人で判断するのが一番危険です。ケアマネジャーがナースの資格を持っている人だと、こちらから聞かなくても色々教えてくれたりします。

  3. senboku-k601 2015/12/13 21:50

    以前、HTLV-1関連脊髄症(HAM)という病気の利用者さんがいました。
    下肢のつっぱり感や歩行障害が主な症状にあり、初めはALSを疑ったのですが精査の結果HAMということでした。
    初めて知った病気だったので、自己学習した上でカンファレンスに出席し、医師や訪看から注意事項等教えてもらいました。
    その時のカンファレンスには、地域の保健師さんも来ていましたね。
    現在その利用者さんは施設に入所されてしまい、その後どうなったのかは分かりません。
    本当に色んな病気があるので、その都度勉強するしかないですね。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ