• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

医師に不信感のある患者さんの対応

私は今、4年目の看護師で、チームのサブリーダーを任されています。サブリーダーという立場上、リーダー不在時は日勤リーダーを任されることもよくあるのですが、チームが個室担当ということもあり、患者さんの傾向も社会的地位のあるような方が多くて、いろいろ対応に困ることがよくあります。
 
最近、特に多いのが、医師への不信感が強い患者さん。医師は、基本的には午前に外来や検査、午後から手術など大きな治療処置があったりして、病棟に来られるのは朝と夕方くらいしかありません。忙しいときには、どちらかに来てすぐいなくなってしまうことや、ひどいと、カルテだけ見て患者さんのところに行かないときもあります。そんな状況なので、患者さんも直接、医師と話がゆっくりできず、不安が強くなるようです。その気持ちはよくわかるので、なるべく私たち看護師も患者さんの思いを医師に直接伝えるようにはしているのですが、どうしても直接話がしたいと言われると困ってしまいます。
 
こういった状況が続いていくと、患者さんの不安が高まり、不信感へと変わっていき、医師や病院自体のあり方を批判してきたりもされます。地位のある方なので、やはりトラブルはできるだけ避けたいですし、どのような対応をすれば良いのでしょうか・・?アドバイスください。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. mean_251 2015/12/22 11:42

    看護師は患者さんと医師を繋ぐうえで大事な存在ではありますが、医師ではないので、病状や検査結果の説明はできませんし、医師の代わりになることはできないので、こういった問題は困るケースですね。。

    患者さんへの説明を普段から、マメにしている医師もいれば、患者さんから要望がないとやらない医師もいます。ある程度、患者さんからのそういう訴えが続いてきたら、早め早めに医師へ、IC(面談)の設定を依頼していったほうがいいでしょうね。

    あとは、医師のほうにもトラブルになりやすそうな性格だったり、雰囲気を情報提供しておくだけでも違います。医師は患者さんのそういう細かいところには気づかないことが多いので、その辺りは看護師の役割じゃないかと思います。

    看護師がどれだけ頑張っても、患者さんとの信頼関係って簡単に作れるものじゃないんですよね。こういうケースを見ていると、つくづく思います。医師の協力が必要不可欠でしょう。

  2. sing_463 2015/12/22 22:25

    クレームまではいってませんが、やっぱり患者さんの強い不安や不満、医師や病院自体への不信感というのは、どんどんエスカレートしていく傾向にあります。
    病状自体も、予後が悪い、経過が長いといった背景があると、なおさら加速させますから、全体像を含めて判断していったほうがいいでしょう。

    良くないのは、一人やチーム単位で抱え込むことです。
    抱え込みすぎて、大事に発展させてしまってからでは遅いです。

    主任や師長への情報提供、相談は必須ですし、そこからさらに医療安全部や医療相談の社会福祉士の介入も期待できますので、任せちゃいましょう。
    そういうときに力を発揮する人に頼らなくて、いつ頼るんだってことになりますからね。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ