• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

フェイススケールでの痛みの判断が難しいです

今年度から病棟異動で、緩和ケア病棟で働いている看護師です。
 
今までは、癌の末期の患者さんに関わったことはほとんどなく、正直まだまだ戸惑っています。一番判断に困るときは、患者さんに痛みがあるときです。
 
基本的には、5段階のフェイススケールを使用しているのですが、うちの病棟では、看護師の判断でフェイススケールをチェックし、記録上は、ほとんど0~1、痛みがある程度強くても、3くらいで、4~5はほとんど見たことがありません。ちゃんと、痛みの判断ができているのか、本当に大丈夫なのかなって思いますし、やっぱり痛みって数値で表すものじゃなくて、患者さんが表現しているもので、自分はどう頑張っても感じることができないので、すごく難しいです。
 
皆さんは患者さんの痛みの観察、判断に関してはどういう視点を持っていますか?難しい質問かもしれませんが、ご助言をお願いします。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. beatles_970 2015/12/23 8:16

    私も緩和ケア、ターミナル病棟で働く看護師です。うーん、痛みの評価が少しどうかなって思います。

    フェイススケールは本来看護師が主になってつけるものじゃなくて、患者さんが主になってつけるもの。
    うちの病棟では、必ず患者さんのベッドサイドに掲示して、指差してもらいます。

    なので、痛みが強い時は、普通に4~5とかも出てきます。
    明らかに痛みが強くなってるのがわかるので、鎮痛剤のレスキュー使用の判断も悩まずできていますよ。

    中には患者さんがフェイススケールの判断に悩まれる時もありますが、そういったときは表情や言動から、明らかに変化しているのかとか、随伴症状も合わせて総合的に判断するかなって感じです。

  2. lemon_183 2015/12/23 12:03

    消化器外科病棟で働く看護師です。私のところも、手術後の痛みに対するスケール評価を行っていますが、10段階のものを用いています。ビジュアルアナログスケールといったものです。10段階あるので、より痛みの評価に幅ができますし、曖昧さがなくなるかなって思いますね。見たところ、フェイススケールではうまくいっていないようなので、一度、変更を検討してみては。

  3. harrow_201 2015/12/23 23:15

    痛みの判断って難しいよね。私も、昔、末期癌の患者さんを看てたときあったけど、自分がその痛みをわかってあげられなくて歯がゆい想いもあった。
    あとは、鎮痛鎮静で意識レベルが落ちている患者さんのときも迷う。

    声による訴えがないから、本当に痛いのか痛くないのかって考える。
    よく医師からは、眉間にしわが寄っていたら、どんどんレスキュードーズを使いなさいってアドバイスがあったので、そういったところも参考にしてみてはいがかでしょう?

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ