• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

個人院の看護師の面接に行ってきました。院長夫人がすごく威圧的でした

初めまして、子供が2人いる現在は専業主婦です。大学病院で4年半ほど看護師をしていたのですが、出産近くになって退職をしました。なのでブランクが10年ほどあります。下の子供が小学校に入学したこともあって、パートで看護師の復職を考えています。折り込み広告にある求人案内で、個人病院が看護師を募集してているのを見つけて応募、面接に呼ばれていってきました。院長先生と、奥様がやっている医院なのですが、院長先生が普通の質問(自分の経験、辞めた経緯など)に対して、奥様は次から次へとキツい質問をしてきました。「あなたにとって仕事とは何ですか」「子供の習いごとがある日に、突然残業が発生したらどうする?」私が「近所に住む実家の義母にお願いします」と言うと、「義母の都合がつかなかったら、どうするの?」などとかなりの突っ込みを入れられました。院長はその場で黙っているだけです。面接なのでこういった質問もあるかと思うのですが、奥様の話し方がとても威圧的で矢継ぎ早に質問をしてくる姿にちょっと心配になりました。夫婦で経営の個人医院て、こんなものでしょうか?

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. haneda 2015/08/18 14:27

    面接の内容自体は一般の大手の病院でも聞かれるようなことだと思いますよ。実際に看護師として働きだしたら、本当に起きるかもしれない事態で、それを事前にどうやって回避するかリスク管理という面からの質問でしょうね。特に問題のない質問だと思います。
    ただそこで院長が黙っていて奥様がでしゃばってくる、ということが多少引っかかるかもしれません。仕事が始まれば、それば日常だと示している可能性もありますよ。院長夫人が何にでも首を突っ込んでくることですね。
    面接であれば、名目上はトップである院長が質問をしてその付け加え程度に「じゃあ院長夫人からも」というのが筋だと思うのですが、そういった一般常識もあまり考えていないご夫婦のようですね。採用の連絡をもらっても、ちゃんと契約内容を把握してから仕事を始めたほうがいいですよ。

  2. jodan 2015/08/22 10:16

    こんにちは、面接お疲れ様でした。個人医院でも一昔前はそのような感じの医院が多かったと思います。今は世代、地域によっては個人医院でもむしろ「サービス業」的な雰囲気を出している医院も多いかと思いますが、それでも昔ながらの経営体制をとっている医院もあることと思います。
     そのような個人医院では就業内容とその条件がなあなあになりがち、と言うことが起こり得ます。特に残業のことを面接で持ち出すくらいですから、残業はあり得ますね。その時にどういった条件があるのか、きちん残業代はつけてもらえるのか、などが気になります。もちろん院長夫人の威圧的な態度だけでは判断できませんが、少し気を付けて考えたほうがいいかと思いますね。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ