• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

3年目…疲れたので海外留学でもしようかと思っています

3年目大学病院勤務です。 仕事に疲れました。 辞めたらもったいないと言われますが、無理してここでキャリアップしていくつもりはありません。 高校卒業後、看護大学、病院と遊ぶ間もなく勉強と仕事をしてきました。 この辺で一息つきたいです。 できれば外国に留学したいのですが、この年で留学って遅すぎるかなとか、留学ではなく退職してもう少し楽な職場に変わろうかなとか考えています。どうしたらいいでしょうか。

回答へのお礼メッセージ

みなさん 回答ありがとうございます。 説明が不足してましたが、中学の頃から英語が得意で、もっと勉強がしたいと思っていました。 逃げじゃないと言いながら、本当は逃げだということにも気が付いていますが、リフレッシュしてまた看護が続けられるといいなと思います。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

この質問への回答は締め切られました

回答

3件の回答

  1. maron 2012/06/28 14:57

    何か目的があるからではなく、仕事に疲れたから留学ですか?
    ・・・と言いたいところですが、実はそういう看護師って結構いますよね。
    大学時代、夏休みにオーストラリアに語学研修に行った際に、「元看護師」の留学生が何人かいたのはこういうわけだったのかと、働き始めて気が付きました。

    看護師って仕事がハードなので、息抜きが必要なんですよね。
    息抜きだけでは物足りないからと、日本を脱出しちゃう人も多くいます。
    それは多分、看護師が「精神的にも、体力的にも、そして経済的にも強い」からだと私は思っています。
    特に経済面は、まず同じ年代の女性と比べて手取りがいいので、外国に行くのに十分な資金がある。
    そして、帰国後も再就職に困らないというのも大きいですね。
    つまりリセットがしやすいんです。

    もちろんリセットするたびにせっかく積み上げてきたキャリアも経験による仕事の勘もいくらかは目減りしますが、それは個人の価値観で何を優先するかということです。
    私は、留学賛成です。自分の世界を広げることは、きっと看護感にもいろんな影響を与えると思います。今のように閉塞感を感じながら仕事をすることは、決してよくないと思います。

  2. rat 2012/06/29 13:49

    怪我、留学、子育て・・・と、これまで3回看護の仕事を中断しました。
    看護の仕事は大変なので、働いている時はいつも「やめたい、やめたい」とばかり思っていました。
    しかし、不思議なことに仕事を長期間休んでいると、そのうち看護師の仕事がしたくなってきたのです。
    それで結局今も看護の仕事を続けています。

    相談者の方は、今はとても疲れているようなので、一度少し看護から離れてみた方が、逆に看護の仕事を見つめなおすいい機会になると思います。

  3. moomin 2012/07/02 10:15

    私、まだ働き始めたばかりですが、もう仕事を辞めて海外に行きたいなんて考えています。
    でも、まだそんな資金もないので、しばらくは一生懸命働きます。
    回答を読んで、「そうか看護師っていろいろ強みがあるんだ!」と力が湧いてきました。
    私もいつか海外留学したいです!

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ