• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

有給の消化率が面接の時の説明と違います

皆さんこんにちは、8か月前に転職をしたばかりの看護師です。以前は大学病院に勤めていたのですが、5年間働いたこともあって隣の市にある大手の総合病院に転職をしました。求人広告での有給消化率が急性期病棟であっても50%以上で、このあたりの地域では突出した待遇でした。面接でも確認をしたけれど「各病棟の人員状態にもよりますが、基本的には50%は取得可能」と言われました。ところが実際に働いてみて半年以上経った今でも、単発の有給を1日取得できただけです。職場の先輩に聞いてみても、最近は人手不足で50%の取得はまず無理とのことでした。休日と有給をくっつけても3,4日の休みが限界で、後は1日の有給を数回取れるかどうか、ということらしいです。ちなみに買取もしてもらえないので、捨てるしかできないそうです。師長に面接で受けた説明と違う、と訴えたのですが、「人員状態による、と言われている筈」と取り合えってもらえません。面接ではウソに近いようなことを言われましたが、これは仕方がないことなのですか?

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. ehara 2015/08/17 12:58

    人員不足で悩んでいる病院だったら、何とかして看護師を雇おう、と必死だと思うので、面接では適当に言葉をごまかして「まるっきりのウソではない」けれど、ちょっとそれに近いような言葉を使うことはありがちでしょうね。
    特に有給日数などはきちんと書面で書かれている場合と実際に取得できる範囲は本当に職場によって違うし、実際に職場に入らないとわからないことのほうが多いかと思います。入職して数年たって、もう少し立場が上がれば取得しやすくなる職場もあります。
    ただ在職年数に関わらずに本当に人がいない職場では、毎回有給の取得日数に振り回されることになるかと思います。とりあえずもう1年ほどやって、状況をみてみたらどうですか?2年間働いて変わらないようだったら、思い切って転職を考えてもいいかと思います。

  2. jodan 2015/08/17 18:11

    お疲れ様です、有給の実際の取得日数は外部から可視化できるものではないので、面接で言われたたことを額面通りに受け止めてしまうことが多いかと思います。人の流出の多い職場であれば、確かに簡単に連休は取れないかと思います。
     でも人の流出を食い止めて、今いる職員の待遇を少しでもよくする、この場合少しでも有給取得率をあげる努力を病院側はしているのでしょうか?自分たちが本来努力すべきことを怠って現場の看護師に負担をかけるだけなのであれば、今後もその状況がよくなる可能性は低いかもしれませんね。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ