• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

ストレスチェック実施対象義務は?

保健師をしていますが、どこまでがストレスチェック実施対象義務のある社員なのかよく理解できていません。自分以外、保健師がいなく、聞く人がいません。どなたか詳しく理解している、保健師の方、自分の会社ではこうだという解釈でもかまいません、わかる範囲でもいいので教えて下さい。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. shot1562 2016/05/26 16:11

    私も保健師ですけど、なかなかこの定義難しいですよね。できれば、全員にすることが望ましいとされていますが、法律上ではこうなっています。
    ストレスチェックの実施義務があるのは、労働安全衛生法にも記載されている通り、「常時使用する従業員」となっています。

    常時使用する従業員とは、次のような定義があります。
    期間の定めない労働契約により使用される者と、就労時間数が当該事業場において同じ業務に従事する労働者の1週間の所定労働時間数の4分の3以上である者と定義されています。

    期間の定めない労働契約とは、契約期間が1年以上、および契約更新により1年以上業務に従事することが予定されている者、1年以上勤務されている者も含まれています。
    要するに、定期の健康診断を受検している全社員が対象になります。
    また、正社員であっても、病気等で休職をしている社員については受検させなくても、問題ありません。

  2. videogame5919 2016/05/26 23:23

    なかなか難しく、保健師のあいだでもお互いに話をして、理解しあっている会社がほとんどだと思います。
    正社員の従業員はもちろんですが、それ以外の雇用形態の従業員について、個別に記載しておきますね。
    契約社員に関しては、契約期間が1年以上である場合、また過去に1年以上継続して勤務している場合、契約更新により1年以上就業する可能性のある場合には受検の対象となります。派遣社員に関しては、派遣元の会社の雇用になるので、派遣元の会社が実施義務を担います。必ずしも、派遣社員についてはストレスチェックを派遣先の会社で実施する必要性はありませんが、集団分析するために、派遣社員へのストレスチェックも派遣先で実施することが望ましいと言われています。
    パートタイマーやアルバイトの場合は、週に40時間の4分の3以上の勤務がない場合にはストレスチェックの対象者になりません。
    こんな感じでしょうか。正社員であれば、もちろん出向している人もストレスチェックの対象となりますので、お忘れなく。
    簡単に言えば、定期の健康診断を社内で受けている人というのが対象になるのです。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ