• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

貧血が強い妊婦への生活指導

助産師をしています。助産師外来での指導で貧血が進んでいる妊婦を良く見かけます。でも、貧血ってすぐに症状が出るわけではないので病識が乏しい妊婦さんが多くて指導に困っています。貧血食の指導も例えばひじきやほうれん草など色の濃いものを…くらいしか思い浮かばなくてなかなかうまく指導ができません。指導方法についてアドバイス頂けると嬉しいです。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. shisyou178 2015/11/06 0:14

    貧血妊婦さん確かに多いですよね。貧血になると鉄剤も出るのでそれで安心しちゃってる妊婦さんも多いし、なかなか行動に移してもらえないのわかります。

    指導方法ですが、なぜ貧血がいけないのかは指導していますか?貧血って漠然といけないことは分かりますが、なぜ妊婦さんに貧血が多いのか、なぜ妊婦さんは貧血を避けなければいけないのかが理解できていないと貧血対策の行動には移してもらえません。

    例えば、ご自身が経験した貧血でお産が大変だった人や産後にしんどい思いをした産婦さんがいればそれを紹介してあげるのもいいと思います。また、貧血がどういう状態なのか、今後貧血が悪化すればどういう状況になるのかなど絵や写真で示してあげるのもいいと思います。なかなか言葉で伝えるだけでは伝わらないので、視覚に働きかけるのは効果があると思います。

    後は、妊婦さんの個別性にあった食事指導ですね。ただひじきやほうれん草を食べるというのではなく、妊婦さんの好きなもの、得意料理、もしくは料理は苦手など情報を聞き出してそれに合わせた指導が大切だと思いますよ!一緒に頑張りましょうね!

  2. yamazaki-d725 2015/11/06 9:04

    私はかなり細かく食事指導をするようにしています。細かくいうことで興味を持ってもらうことが目的です。貧血食の指導ってちまたにも溢れていてほうれん草とかひじきってありきたりですよね。それだと妊婦さん興味を持ってもらえない方が多い気がしてそれからは細かく指導するようにしてます。
    例えば鉄分の多いものを食べるにしてもヘム鉄と非ヘム鉄のこと、肉類や魚などの動物性たんぱく質だ大切なこと、鉄分の吸収を阻害するタンニン(緑茶、コーヒーなどに含まれる)やフィチン酸塩(ぬか、ふすま、玄米など穀類の皮に含まれる)、食物繊維とは時間をずらして食べることなどです。
    妊婦さんにしたら「へー」というような情報を入れると生活の中で少し気にしてくれるようになります。
    後は鉄分の多い食材のリストを作って渡しています。なかなか自分で調べない人でもリストを渡しちゃうと買い物のときに見てくれるかなと思って作りました。色々できると思うので試してみて下さいね

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ