• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

弛緩出血時の看護でのポイント

助産師2年生です。今度1年目さんを対象に弛緩出血の勉強会を開きます。弛緩出血は多い疾患ですが、いつもスタッフがバタバタと忙しく対応するので、1年目さんがゆっくり勉強することができません。そのため、勉強会(シュミレーション)をして1年目さんにもその対応を勉強してもらおうというのが趣旨です。
1年目さんに伝える弛緩出血の看護で伝えておいた方がいいものにはどんなものがありますか?なるべくたくさん教えていただけると助かります。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 4 人中 3 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. evans505 2015/11/08 14:31

    うちの病院でも弛緩出血と輸血、妊娠高血圧症候群はいつもシュミレーションをおこなって1年目さんに勉強をしてもらっていますよ!
    うちの病院では、弛緩出血のように緊急性を要する疾患の場合は役割分担を決めて動くんですが、シュミレーションでも役割分担を決めて実際動いてみます。リーダー、記録係、出血量やガーゼ、器械の数などの確認係、患者と家族へのフォロー係などです。

    一通り流れをしてみてから、弛緩出血の治療や看護の座学をします。実際動いてみると理解しやすいようなので是非参考にしてみてくださいね。
    ところで看護ですが、大切だと思うことは適切なアセスメント、(助産師ができる)適切な止血処置や医師への報告、患者への心身のフォローだと思います。特に産後2時間は小まめに観察、アセスメントが大切です。最初は15分間隔くらいでバイタルや子宮底の硬さ、外出血、患者の意識や顔色などを観察します。徐々に出血量が減ってきていたら経過観察をしますが、いつまでも出血が続く場合は早めに医師に上申し対応を依頼します。

    また、助産師ができる止血処置も並行しておこないます。輪状マッサージやアイスノン、授乳介助、導尿も大切です。患者へのフォローも大切で、清拭や保温、安静、説明、精神的フォローも十分におこなうことが大切だと思います。

  2. colombia_xx843 2015/11/08 18:58

    私は看護師で助産師ではないのですが、私自身のお産のときに出血が多くて双手圧迫に始まり、アイスノン、輪状マッサージ、膣内へのガーゼ挿入などあらゆる処理をされましたが、きちんと説明やフォローがなくかなりトラウマになっています。

    赤ちゃんを産んだときより産後の処置の方が痛くて辛かったです。それに意識がもうろうとしていたので、恐怖心でいっぱいでまだ受け入れられていません。結果的には命を助けてもらえて有難いのですが、もう少しフォローや説明が欲しかったなと思います。

    私の体験で申し訳ないのですが、1年目さんには患者さんへのフォローは忘れないで欲しいと思います。ちょっとした言葉がけや手をにぎってくれるだけでも安心します。ぜひ伝えて欲しいです。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ