• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

看護計画で躓いてしまっています。アドバイスしてください。

看護学生(2年生)ですが、看護計画のことで質問させてください。一年生の時の基礎実習はほとんど見学と保清だけで終わりましたが、2年生になってからの日常生活援助技術の実習では看護計画を立案するようになりました。私はいろいろと調べて勉強して立案したつもりですが、教官や実習指導者さんからは「計画から患者さんが見えてこない」「看護師としてどうやって介入するのか?」と毎回聞かれました。私の計画は、患者さんの治療方針や病態等(?)に偏っているらしいのです。でも実際に患者さんの看護をしようと思うと、病態について理解していることが一番重要ではないですか?それなのに、どうして…?また、看護計画から患者さんが見えてこない、というのは、具体的にはなにをどうすればいいんでしょうか?次の実習はちょっと先なので、それまでに解決しておきたいです。よろしくお願いします。

回答へのお礼メッセージ

ありがとうございました。教官や指導者さん、まして師長さんには直接こういうことを聞きにくいので…。ここで質問させてもらって正解でした。自分がつまづいていた部分さえよくわからなかったのですが、アドバイスを読んでいるうちに、ハッと気づくところもたくさんありました。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 6 人中 3 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

この質問への回答は締め切られました

回答

2件の回答

  1. mickey 2012/08/02 16:48

    実習で注意されたことを真摯に受け止めて、次の実習までに分からないことを潰しておく…というのは、素晴らしいですね。一回ずつの実習で自分が疑問に思ったことを解決していくプロセスが、そのまま基礎づくりになっていきますよ。

    さて、ご質問にある「看護計画から患者さんが見えてこない」という指導の意味ですが、これはつまり「患者さんの個別性に合った計画が立案出来ていない」ということです。

    教科書や参考書にある標準看護計画をそのまんま(に近い状態)で実習記録に写している学生さんによく起こりがちです。標準看護計画は、あくまでも標準看護計画です。個別性のある看護、つまりそれぞれの患者さんに合った看護は、標準看護計画を写すだけでは不十分です。

    日々のコミュニケーションの中から、患者さんの情報をたくさん得ていると思うので、それをただ「聞いて終わる」のではなく、「計画に反映させる」努力をしてください。

    あと、病態の理解のことですが、これは別に悪いことではありません。おっしゃる通り、患者さんは皆医療の必要度が高い人達ばかりなので、その部分の理解抜きには介入できません。

    でも忘れてはいけないのは、私達は「看護師であって医師ではない」ということ。医師は患者さんの治療をしますが、看護師の役割は病気そのものを治すのではなく、「症状を緩和する」「日常生活を送る上で妨げになっていることを発見して、除去又は介助する」ということです。

    ですから看護計画に上がってくる看護問題も、医師でなければ解決できないような問題があがってくるはずがありませんよね?患者さんをよく観察して、問題点を抽出しましょう。

    焦る必要はありません。主さんのような悩みを持つ学生は珍しくはなく、初めはみんな同じところでつまづきますから。

    頑張ってください。

  2. remon-pie 2012/08/06 11:08

    私も主さんと同じことで、同じ時期に悩みましたよ!だからすごくわかります。患者さんの病態について頑張って勉強しているはずが、「看護は?」と言われて看護計画のファイルを付き返されると、結構辛いですよね…(笑)

    でも病態についての理解を深めておくことは、後々役立ちますよ。例えば、国家試験がそうです。実習を通して勉強したことは頭に入っているので、後から慌てて丸覚えする範囲が減らせたらラッキーと思って、継続して頑張っておくことをお勧めします。仕事をやり始めてからも、その知識は役立ちますよ。

    あと、よく学校で言われる「個別性」ですが…。学生の頃って難しですよ。よっぽど特徴的な患者さんが担当になったら、自然と看護計画にも個別性が出てくるもんだと思いますけど。逆に「ノーマル」っぽい(?笑)患者さんが受け持ちになると、看護計画もフツーの感じになってしまうというか…。

    でも実際に現場で仕事をするようになったら、そんな感じですよ。フツーの人フツーの計画(標準看護計画に近い状態)で行きます。

    学生の頃は受け持ちが1人しかいないので、なんでもかんでも徹底的に掘り下げて考えさせられます。それで余計に混乱していたんだと、就職してからやっと気が付きました。

    まあ、私みたいな人もいるということで…。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ